雨の日は読書と何時ものパン作り。

ようやっと・・・
無職転生 -異世界行ったら本気出す-
読み終わった!!

少し前に完結したよ!と旦那さんから教えてもらっては居たのですが
なんだかんだで読めなくて、最近やっと続きを読み出してラストスパート読みきりました><

いやー、面白かった!!!
先の展開が気になってはやく先へ!的な感じで読み漁っていると
すぐ終ってしまう。。と思いきや結構なボリュームのこの作品w

タイトルで「えー・・」って思う方もいるやもしれませんが、騙されたと思って
一度読んでみる事をお勧めします!

以前お勧めしていた
盾の勇者の成り上がり
もかなり面白いですが、個人的にはこれを上回るくらい面白かった!!

最近よくある
最初からチートな強さの勇者様 って感じの作品ではないので
努力や成り上がり系で、段々強くなっていく感じの主人公が好きなら
楽しんで読めると思います。

両作品とも小説投稿サイト「小説家になろう」
というサイトで無料で全話読むことが出来ます。
書籍化も漫画化もされています。

iphoneはどうなのか解りませんが、Android端末なら
小説家になろうダウンローダー」という
アプリで小説をDLして端末のブック系のアプリ(GoogleブックスとかKindleとか)で
持ち歩けるのでちょっとした合間に出先でも読むことが出来ます。
私は電車の合間とか病院の待ち時間とか寝る前に寝室でごろごろしながら(w)とか
有効活用して使っています:)

一般に知られる小説家が書いている作品ではありませんが、こういったサイトから
プロになっていく人も居るみたいなので、小説好きなひとはcheckしておくのも面白いかも。


この間ふとポンデケイジョ(ブラジルのパン)が無性に食べたくなって
amazonでポンデケイジョの粉を買って作ってみたら美味しかった!

旦那さんにも食べさせてみたんだけど、旦那さん的にはイマイチらしい(´・ω・`)

今日は残った材料を使ってカレー粉を混ぜて作ってみたけど、カレーの風味が良く出ていて
おいしかったです:D

最近パン屋さんでもブームが過ぎてせいかめっきり見かけなくなったので
今回作れてよかったです!!

ちなみにポンデケイジョ用のミックス粉があれば後の材料は少ないので
初心者でも問題なく作れるパンです。(粉チーズと卵と水だけ!)
材料を全部混ぜてまとまるくらいまで混ぜ込めんで180℃で余熱したオーブンで
180℃・20分程度焼けば出来上がりというお手軽さ!

お手軽すぎて暫くハマりそうな予感ですw

【パン作り】カルツォーネ

ヴィドフランスのカルツォーネ(うちでは餃子パンで通っていますw)がお気に入りの

旦那さんですが、最近お店に行っても全然カルツォーネが売ってないので

作っておくれよう(´・ω・`)との依頼があったので作ってみました。

 

まぁ依頼というよりも強制に近いですが!!(´;ω;`)

 

材料(4個分)

●生地
フランスパン粉(中力粉) 200g
120g
4g
はちみつ(無ければ砂糖) 2g
オリーブオイル 5g
ドライイースト 2g
●フィリング(具材)
カットトマト缶 160gぐらい
ブロックベーコン 適量
ズッキーニ 適量
クレイジーソルト&胡椒 味を見ながら
乾燥バジル 適量
オリーブオイル 炒め用
コーンスターチ とろみ付け程度

 

フィリングの分量がかなりアバウトなのは、作りおきの為トマト缶を

1缶全部使ってしまった為です(;^ω^)

 

最初にフィリングから作ります。

お鍋にオリーブオイルを引き、角切りに切ったブロックベーコンを炒める

ズッキーニも縦に4分割してブロック上に切り炒めたベーコンと合わせる。

ある程度炒まったらトマト缶を鍋に入れ、クレイジーソルトと胡椒で味を調える。

10~15分程度煮込んだらコーンスターチを適量入れてとろみをつけておく。

出来上がったフィリングは冷ましてから使用する。

 

 

次に生地作り

粉・水・塩・オリーブオイル・はちみつ(又は砂糖)・ドライイーストをHB入れて生地コースにて運転開始。

1次発酵が終ったら打ち粉をした台に中身を移し変えて4等分に分ける。

分けた生地は丸めて濡れたふきんなどを掛け、乾燥を防ぎながら20分間ベンチタイム。

 

ベンチタイムが終了したら生地を麺棒でなるべく大きく円形に伸ばす。

伸ばした生地の真ん中にオリーブオイルを薄く塗る。

オリーブオイルを塗ったところにフィリングを乗せる。

フィリングの上にチーズを乗せる。

奥がわから手前に生地を折りたたむ。この際、すこし生地にあまりを持たせておく。

生地の端を内側に織り込んでいく。中身が漏れない為の作業なので、しっかり閉じる。

閉じた折り目にフォークで飾りを入れる。

ここもしっかり入れておくと更に漏れにくいと思います。

フィリングが入っている生地の場所にフォークで何箇所かあなを軽く空ける(破裂防止の為)

クッキングシートを敷いた天板に並べる。

 

焼成工程

オーブンを250度で余熱。

焼き時間は7分程度、焼き色をみて追加で5分くらいかけてもOKかも?

焦げすぎる場合はアルミホイルをかぶせると良いらしい。

 

出来上がり!

冷めた場合は、電子レンジで少し加熱してからトースターで焼けば

焼き立てに近い食感になると思います。

 

評価

旦那さんは美味いとってくれた。

自分も食べてみましたが、完璧なヴィドフランスのカルツォーネにはならなかったけど

それなりに美味しい物が出来たかなと思っています。

味付けは真似しようとしても結構難しいですね(;・∀・)

 

さて次は、、パンじゃないけどアップルパイを作る予定。

パイ生地を作るのは流石に難しそうなのでまずは冷凍のパイ生地でやってみようと

思っています。

 

歩いていける距離のマックがなくなってしまったので久しくアップルパイ食べてないんだよなぁ。

美味しいのができるように頑張りますw

【パン作り】トマトバジルパン

今回は、ニコニコ動画に上がっていて何時か作りたいなーと思っていた

パンを作ってみることにしました。

 

材料

カットトマト缶 210g
6g
オリーブオイル 15g
乾燥バジル 10振りくらい
強力粉 300g
ドライイースト 4g

チーズ(ブロック状にカット)

適量
ベーコン(小さめにカット)  適量
仕上げ用無塩バター 適量

バター以外の材料を全てHBへ入れ、生地コースでスタート。

終了時点で1次発酵が終了します。(HBの機種にもよるので注意)

水は入れませんが、カットトマトの缶詰の水分で補えるので大丈夫です。

 

生地コースが終了したら、打ち粉をした台の上へ生地を出し

ガス抜きをして6等分に分けます。

6等分にした生地は丸めなおしカバーをかけて20分間ベンチタイム。

 

ベンチタイムが終了したら、麺棒で平たく伸ばし(厚みは1~2cm程度)

予め用意しておいたチーズとベーコンを真ん中において包むように入れる。

 

綴じ目はしっかりと閉じる。

 

綺麗に丸めなおして鉄板に並べ、2次発酵へ。

 

2次発酵の温度は35度で約40分程度でOKです。

(季節や温度で都度変えてみて下さい)

 

2次発酵が終ったら、オーブンから取り出しこし機などで粉をふるいます。

パン生地にクープを入れます。(お好きな形にどうぞw)

クープを入れた切り目にバターの欠片を少し置きます。

 

続いて焼成に入ります。

 

温度は余熱200度で予熱し、200度で20分焼き上げます。

 

完成!

 

感想:

多めにバジルを振っているので、バジルの香りがとてもよく

香ばしいパンが焼きあがりました!

ただ、食べると結構オイリー感がハンパ無いので材料のオリーブオイルを

もうちょっと減らすか、クープへ入れるバターを無くすかした方があっさりした

パンが出来上がるかもしれません。(自分が年寄りなので油っぽいの苦手w)

 因みに、初めて焼いたトマトバジルパン

2回目に焼いた、今回のレシピのトマトバジルパン(チーズベーコン入り)

下のほうが若干焼き不足感が否めませんw焼き時間は25~30分くらいやった方が

良いかもしれない。。orz

参考のニコニコ動画

今回は参考にした動画にプラスアルファした形でのトマトバジルパンでしたが

中々に美味しかったです!

 

冷めた場合はレンジですこし暖めた後にトースターにかけると焼きたてに近い

食感で楽しめると思います。

 

 

【角型】食パンを作ってみた!

随分前に取った写真を使いながらのレシピメモ。

用意するもの
食パン用の角型(蓋付き)
私が購入したのはこちらです。
蓋をすることでスーパーで売っている5~8枚切の真四角い食パンを作る事が出来ます。
蓋を取って焼成すれば、山形パンも作ることが出来ます。

材料(6枚切1斤)

 
強力粉 250g
バター 10g
砂糖 大さじ2(17g)
スキムミルク 大さじ1(6g)
小さじ1(5g)
180ml(室温が25度以上の時は冷水を170mlに変更)
ドライイースト 小さじ1(2.8g)

 –HBにドライイースト以外の材料を入れ、ドライイーストをHBの専用投入口にセットし
生地コースで運転開始。

生地が終了する直前くらいに、角型ケースの内側にバター若しくはオリーブオイルや油などを
塗りこむ。
これは出来上がったときにパンがケースに張り付かないようにする為。

約1時間位で1次発酵までが完了すると思うので、完了したら生地を取り出す。

取り出した生地は折りたたみながら綺麗な球体を作り綴じ目を下にして角型ケースに収納し
2次発酵に移ります。

2次発酵はオーブンレンジの発酵機能を使って蓋をせず、乾燥がきになるようなら
軽くラップをして35度で1時間弱発酵させます。

発酵の目安はだいたい8~9分目位まで膨らんだらOKです。

冬場の寒い時期は1時間ではあまり発酵せず1時間半くらい発酵させていました。
逆に春や夏時期は1時間掛けると発酵しすぎてしまうので30分位で様子を見ながら
の方が失敗せずに発酵することが出来ると思います。

実は、この写真を撮る1日前に作った食パンは春時期で1時間発酵させた所
ケースから生地が溢れてしまい、無理に蓋を閉めて焼成させたら溢れた形の悲惨な
食パンが出来上がりました(;´Д`)
食べられなくは無いですが・・・泣けてきますよw

2次発酵が終了したら、焼成に入ります。

余熱は特に必要無く200度で5分、190度で25分焼きます。

焼き上がり

中身を取り出し網に載せて冷まします。
取り出しは側面を叩きながら空気を隙間に含ませるような感じにすると
外れやすいと聞きましたが、私は中々上手く行かずテーブルナイフを隙間に
差し込んでなんとか取り出していますw

ケースを使い込めば外れやすくはなるらしいですがまだまだのようです(´・ω・`)

冷めたら自分のお好きな厚さにカットしてお召し上がり下さい!

因みに出来たてはふかふかでめっさ美味しいですよ~><

【チーズフランス】初めてまともに・・・(´;ω;`)

苦節○ヶ月・・やっと・・やっと・・・っ
まともなフランスパンが出来ました(´;ω;`)

オーブンさんが頑張ってくれたお陰!有難うオーブンさん!!><

そんな訳で忘れないうちにレシピメモです。

パン作り再開、そしてたこ焼きへ・・(謎

大分外も暖かくなってきましたが如何お過ごしでしょうか。
私としては洗濯物の乾き具合が良くなって嬉しい限りです!
お天気が悪いと部屋干が多くなって湿気も凄いし嫌なんですよね(;´Д`)
カビの温床だし@@ノ

そんなこんなで、、我が家に新しいオーブンを迎えました!!
悩みに悩んで数ヶ月・・・。
結局パン作りメインになりそうだったので東芝の石釜ドームさんに決定。
以前も東芝の同じオーブを使っていたのですが、電子レンジメインでオーブンはおまけ
っぽい商品だったので、思ったように温度調節が出来なくて難儀していました><

○○春のパン祭り!

ずいぶんと暖かくなってきたので、パン作りを再開w
冬時期は発酵温度が安定しないのであえて避けていました><

で、やっぱり作りたいのはフランスパンなんですけど(こだわり過ぎw
以前やっていたポーリッシュ方(水種)からオートリーズ方に変更してみたら
手間があんまりかからずに良い感じで出来ている気がします。

今は旦那さんがチーズフランスにハマっているのでせっせとチーズフランスを
作っているのですが、やっぱりお店のようには綺麗にできませんね(´;ω;`)

それでも頑張って美しいおフランスパンを作るのじゃ!!
頑張るぜいっ!