【WP】TablePressのメモ【プラグイン】

WordPressの追加プラグインで便利な表を
記事内に挿入できるプラグインのメモです。

【WP】WP SyntaxHighlighterを導入【プラグイン】

以前からソースコードを投稿する時にそのままコピペしても空白部分などがおかしくなったり
表示されなかったりとその部分を変換してくれるようなサイトを使って色々やっていた訳ですが

ぶっちゃけ面倒くさいw

なので、どうにかしてくれるようなプラグイン無いかしら?と思いたち探していたら発見しました。

WP SyntaxHighlighter
ソースコードを投稿欄にペーストしてそのソースコードを囲ってボタンでポン!って感じの
本当にお手軽なプラグインです!

ちなみに検索をかけてすぐに出てくる有名なプラグインは
SyntaxHighlighter Evolved
こちらのプラグインなのですが、自分の環境下では動きませんでした。
多分解決する方法は探せば見つかるとは思いますが、すぐに使いたかったのであえて
WP SyntaxHighlighterを選択しています。
SyntaxHighlighter Evolvedこっちも使い方が判明したらメモしていこうかと思います。

話は戻りますが・・w
WP SyntaxHighlighterのプラグインで表示させたソースコードがこれ。

public class HelloWorld {
  public static void main (String[] args) {
    System.out.println("Hello World !!");
  }
} 

見やすい上に、綺麗に色分けされてます。
対応しているコードは
AppleScript, ActionScript3, Bash, ColdFusion, C, C++, C#, CSS, Delphi, Diff, Erlang, Groovy, HTML, Java, Java FX, JavaScript, Pascal, Patch, Perl, PHP, Plain text, PowerShell, Python, Ruby, Ruby on Rails, Sass, SCSS, Shell, SQL, VB, VB NET, XHTML, XML and XSLT
です。 結構多いw

導入は簡単だと思うので設定の方をちょtこっと説明。
●使用するライブラリ
この項目を2.xに変更することと、ツールバーという項目にcheckを入れることで
ソース表示部分にマウスオーバーでツールチップ(ソースコード表示・クリップボードにコピー等)
が右上に表示されるようになる。
*ちなみに3.xだと画面上には?のツールボックス(クレジット表示)しか表示されず、ソースコード上で
ダブルクリックすることで範囲指定が出来る。

●テーマ
ソースコード表示の背景とコードのカラーリング(テーマによって固定)を変更することが出来る

●ショートコード
ソースコード内で使えるコマンド。詳しくこちらに説明が書いてあります。
基本はサイトの説明どおりなんですけど、このプラグインだと記述方法が異なるので
使えそうなコードを少し書いておきます。

基本はエディターでSH Preボタンで囲むとソースの中身はこんな記述になります。

<pre class="brush: html; gutter: true">ソースコード</pre>

この場合
brush — 使用する言語・・・のことだと思う。(自信ないけどw)
gutter(false/true) — コードボックスの左に表示される番号
複数のショートコードを使用する場合は;(セミコロン)で区切る。

以下使えそうなコードをピックアップ。

highlight: (表示したい行の番号);
特定の行をハイライト表示させる事ができる。

public class HelloWorld {
  public static void main (String[] args) {
    System.out.println("Hello World !!");
  }
} 

複数の行をハイライトさせたい場合は
highlight: [1,3,5]
このように “,”(カンマ)で区切る。

1行目・3行目・5行目のラインをhighlightすることが出来ました。

public class HelloWorld {
  public static void main (String[] args) {
    System.out.println("Hello World !!");
  }
} 

と、こんな感じで使えます。
ショートコードは他にも色々あると思うので検索して調べてみると良いかも。

Blogに書き込み出来ない不具合を修正しました

知り合いの方から「Blogに書き込みデキマセンよ~」とのご指摘を受けて
書き込みできるように修正しました。(Eさん有難う御座いました!)

CAPTCHAのPluginを更新した際に書き込み出来なくなっていた模様。。
確か以前にもあったような・・・・(;´Д`)

あのPluginを更新した時は気をつけることにします><

・・・最近Spam全然来ない!と思ってましたが、書き込み出来なきゃ来る訳アリマセンね!!!

(´・ω・`)

ドナドナ・・。゚(゚´Д`゚)゚。

昨日、15年間旦那さんと共に人生を歩んできたデミ子さん(MAZDA・デミオ)が
ドナドナされていきました・・・(TДT)

新しいスマホで旦那さんが遺影(?!)を撮影。。
15年も乗ると、中古とかのレベルじゃなくて廃車だそうで・・・><

この子は私が嫌いみたいで、助手席のドアロックがしょっちゅう
開かなくなって困った子でしたw

因みに次の子もデミ子です!(なぬっ!!w
今車検が込んでいるそうで今月中に来るかどうか解りませんが
今度の子とは仲良くなりたい物です^^;

まぁ・・私は免許無いので乗る一方ですがね!!orz

———————————–
ゲームとは関係ない話ですが。

スマホ対応

サイトのデザインを変更したついで?で、Blogをスマホ対応にして見ました。
とりあえず手持ちのipod touch(iOS5)からは見えてますしコメントの投稿も出来るようです。
Android端末は持っていないので、ちゃんと見えるか定かでは有りませんが^^;

因みに使用したのはWordpressのプラグインで
WPtouch
http://wordpress.org/extend/plugins/wptouch/
という物です。日本語にも対応しているので使いやすいかも?

使用中のWordPressプラグイン

今使っているプラグインのリストです。

Akismet
defaultで付属しているアンチスパムのプラグインです。
使用するにはAkismet APIKeyが必要になります、これは無料で取得することが出来ます。

Collapsing Links
サイドバーなどに表示されるLinkが折りたたみ式に変更されます。Javascript使用です。
シリーズ物で、CategorieやArchive・Pageなどの表示を折りたためる物も出ているようです。

Comment Form Quicktags
Blogのコメントフォームに追加できるtagを挿入出来るプラグイン。
追加できるタグはオプションで追加・削除出来ます。

Contact Form 7
メールフォームを追加できるプラグイン。同じ方が製作されているReally Simple CAPTCHAと組み合わせる事で
登校時に画像認証を付けることが出来る。

Really Simple CAPTCHA
画像認証のプラグイン。Contact Form 7と組み合わせて使用中。

Search Excerpt
検索語句の前後を抜粋表示してくれるAddon。

Search Word Highlight for Mutibyte
サーチエンジンからこのプラグインを導入しているWPサイトに飛んできた際、検索文字をハイライト表示してくれる。

SI CAPTCHA Anti-Spam
コメントフォームに画像認証を付けることが出来る。

Updated Today Banner
設定した時間内に更新された場合にBlogの左端又は右端に更新されたよバナーを表示することが出来る。

どれも結構使えて便利です!

[WP]容量が大きすぎてアップロード出来ない

5年もblogを書いてると、それなりに記事も増えている訳でそんなblogを改装したりで
記事データのバックアップを取ると、かなり大きな容量になってしまいます。

今回、以前のblogの記事データを移行するためにExportして保存しておいたのですが
このblogに記事を読み込ませようとしたら、容量オーバーでエラーが・・(´Д⊂ヽ

記事データがxml方式で分割するのもデータ量が大きすぎで面倒・・どうしたものかとぐぐって調べてみたら
解決策が!

WPの初期状態の読み込める容量は私の環境下では32MBまでと表示されます。
読み込みたい記事データは47MBもあります。エラーになる訳です><

解決策は、.htaccessを設置してあげる方法です。
設定例)

#Change upload limits
php_value memory_limit 90M
php_value post_max_size 70M
php_value upload_max_filesize 60M
#Change upload limits end

上記をコピペして 任意の名前で保存。
wordpress直下(wp-adminフォルダなどがある階層と同じ場所)にアップロードし
名前を .htaccess にリネームして完了。

上記のステータス設定ですと、70Mまでのファイルをエラー無くアップロードできる設定になってます。

*設定時の注意点*
upload_max_filesizeの容量は任意に決め手おkですが、数値を大きくしたからといって
アップしやすいわけでは無いようで、サーバーや通信の状況によってエラーが起こる可能性もあるそうです。

数値設定の序列は
memory_limit > post_max_size > upload_max_filesize これがきちんと設定されていないと上手く反映されないそうです。

[WP]ファイルがアップロード出来ない![CORESERVER編]

今回のインストールで一番詰まった場所orz
coreserverを利用していて、WPは難なくインストール出来たんだけど、前Blogからの
Exportした記事がImport出来なくて苦労しました><

色々試してみた結果、どうやらcoreserverのPHPがセーフモードで動いているのが原因の様です。
coreserverでもサーバーによって設定は違うのかもしれませんが、私の使用しているサーバーは
セーフモードみたいでした;;
上記だとFTPでディレクトリを作成することによりユーザーがapacheになる為、保存出来なくなるとのこと。
(とぐぐったら出てきました

・・・さぱーり解りませんがw まぁ、なんかの作用で保存出来なくなることは解りました@@ノ

ではそれを解決するにはどうしたら良いか?

答えは簡単で、ローカルエリアでフォルダを作ってアップロードしてあげればOKでした。

例を挙げるとすれば、WPで画像をメディアからレンタルサーバーにアップする場合
defaultだとwp-content/uploadsにアップされる(管理画面→設定→メディア から確認できます)訳ですが、
インストール時にwp-contentフォルダの中にはuploadsフォルダは作成されておらず、
画像をアップロードした時点でuploadsをWPが作るのですがこの作ったフォルダにアップロード出来なくなるので
自分のPC内に同じ名前の何も入れていないフォルダを作ってあげてwp-contentにアップし、パーミッションを
設定してあげればエラーも無く出来るようになります。

*上記でもアップロード出来ない!
上記を試してもアップロード出来ない場合は以下を追加で試してみてください
下記のような.hacchecファイルを作ります。
メモ帳・テキストエディタ等に下記内容をコピペ

<files upload.php>
AddHandler application/x-httpd-phpcgi .php
</files>

保存名はなんでもおkですがとりあえず htaccess1.txt にでも。
保存したファイルをwp-adminにアップロードします。
アップロードしたファイルを .htaccess リネームして終了。

とりあえず私は両方の方法を利用していますが、フォルダーを作ってアップロードする方法だけでも
上手く行くかもしれません。

WordPress3.0.4をインストール【CORESERVER編】

今回Wordpress3.0.4を導入するに当り、サーバーのお掃除も兼ねて
データを削除しまっさらな状態からインストールしてみました。
インストールの仕方は・・忘れちゃってますねw以前に自分でもメモってた見たいなので
そのページも参考に。

wordpress2.5.1のインストール方法【CORESERVER編】

簡単に流れだけメモ。
WPの本体をDL。解凍後wordpressフォルダーに入ってるwp-config-sample.php
というファイルをテキストエディタを使って編集します。
(ここだけ上記リンク先で書いた記事とちょっと違う点です)
テキストエディタは私はTerapadというフリーソフトを使用しています。結構便利です。

ファイルを開くと日本語で説明が書いてありますので直ぐ解ると思いますが
22行目にあるMySQLの設定をします。他の設定は説明に従い任意でおkです。(私は特にしてませんw

設定が終ったらterapadのファイル → 文字/改行コード指定保存 を選び
文字コードを UTF-8N に設定して 名前をつけて保存 を選択。
wp-config.phpとしてwordpressフォルダに保存します。
フォルダに残ってるwp-config-sample.phpは削除してもおkです。

wordpressフォルダーをサーバーにアップロードし、フォルダのパーミッションを設定し
/wp-admin/install.phpをブラウザから開きます。

エラーが起こる場合は、wp-config.phpの内容(データベース/文字コードの設定など)に
間違いがあるかもしれませんので再度確認を。

あとは、ブラウザに表示されてる通りに進んでいけばOKです。