いやー。思ったほど泣きませんでした。「1リットルの涙」の最終回。
泣かなかったのは多分かなり感動したからなのかな?
しかしこのドラマを見て「木籐亜也」さんは本当にすごい人だったんだなー
と思いました。
自分が「なんて小さな人間」なんだと身につまされます。
まだ原作のほうは読んでいませんが、もう少し目が良くなったら
読んでみたいと思っています。
おいらも頑張って生きるぞー!!