徳川ミュージアムに行ってきた!

普段出歩かない出不精な私ですが、前々から行ってみたいなぁと思っていた
徳川ミュージアムにプチ旅行してきました:)
目的はみっちゃんこと太刀「燭台切光忠」の本物を見るために!!

お休みだった旦那さんを引き連れ(w)て、いざ茨城県水戸市へ!
今回の旅は、旦那さんのお陰で高速でばびゅーんと行けることに。
腰痛持ちなのに長時間運転させてごめんよ(´;ω;`)

もともと隣県に住んでいたので、酷く時間はかからなかったのがせめてもの救いでした^^;

丁度行ったのが平日の開園直後ともあって、駐車場には3台くらいしか車が止まってませんでしたw
そして入館。。
せっかく博物館に来たのだから、刀剣だけでなく全部見てまわっろうと第一展示室から見て回りました。
博物館なんて、小学校以来なんじゃないかと・・・何十年ぶりなんだ@@
展示物は、水戸徳川に関する色々なものが置いてあってなかなかに見所がありますねぇ。
ちなみに平日だからかすれ違う人はほとんどおらず・・年配の男性が1~2人くらい居ただけでした。

第一展示室、第二展示室と見て回り第三展示室へと向かいます。
ここは刀剣のみが展示されているようで、入ってすぐ右のケースの中に
太刀 燭台切光忠 再原作 と 太刀 児手柏 再原作が展示されていました。

(4年愛用しているスマホのカメラなので解像度は御察し下さいorz)

刀 燭台切光忠 再原作

みっちゃんの写しはとても綺麗で美しかったです。
私は目が悪く、それこそ30cmくらい近づかないとまともに観察できないのでじっくりと
見ることはできませんでしたが、それでもとても綺麗に見えました。

太刀 児手柏 再原作

隣に展示されていた児手柏(このてがしわ)の写しは、波打つ波紋がとても美しく見えました。
目の悪い私でも唯一見えたw それぐらみ磨かれていたってことでしょう。

とりあえず、再現の刀を見た後は入り口から入って正面の展示物からゆっくり見ていきました。
自分が思っていたのよりも刀身が細く短い短刀や脇差の長さなど、実際に見てみないと分からない
者だなぁと感心。。

そしてぐるーっと見て回り最後にたどり着いたのは・・・

本物の「燭台切光忠」
焼刃がこんなに黒いとは思わなかった。ほんとに真っ黒だった。。
溶けたハバキの金の所とか、どれだけの熱が入ってこうなったのかと想像してしまいますね。

あとは、刀剣乱舞の光忠さんのパネル。等身大なのかな?でかいw

そういえば、観覧中私たちのほかに若いおねーさんが見学されていましたが、きっと審神者さんだよね?w
随分熱心に見られていたみたいでした^^

そして、入館してすぐの受付そばにある階段から行ける中二階。
来た時から何があるのかなぁとおもって最後に行ってみましたがソファが置いてある休憩所みたいな
所でした。

刀剣乱舞-ONLINE-の光忠のグッズがケースに収められていたよ!
そして、ここにもみっちゃんのパネルが!

あ、これみっちゃんのCVの佐藤拓也さんのサインが入ってる!
そういえば以前徳川ミュージアムの紹介番組でこちらに来ていたっけ・・


あとはソファの近くに刀剣乱舞ファンの方々の寄せ書き?って言うのかな?
色々書いてあるバインダーが数冊と掲示物がありました!凄い!!

そんな感じで賞味半日のプチ旅行というかお出かけ?wでしたが、いつか見たいと思っていた
燭台切光忠の本物を見ることが出来て嬉し楽しかったです:D
ほぼ興味のない旦那さんにはつまらない思いをさせてしまったかもしれませんが
普段乗らない高速道路やSAの観光(え?w)は楽しめたんじゃないかと思いたいです^^;

今回行った徳川ミュージアムの企画展 「刀 KATANA」は来年の
2019年3月31日 (日)まやっているらしいのでお近くの方や遠方から関東に来られる方は
お時間があれば行ってみるのもいいかもしれません。
今の所、燭台切光忠と燭台切光忠 再現(写し)は期限なしの公開になっているみたい。
詳しくは徳川ミュージアムのサイトで確認してから行ってみるのがいいと思いますよ!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)